« 全く。 | トップページ | 『ペイ・フォワード 可能の王国』 »

練習試合。

息子は今日、練習試合。
例によって「11:25に最寄じゃない駅に集合。」
夕べまではそう言っていたのに、11時ごろになって
「もしかして、最寄じゃない駅じゃなくて、練習試合をする中学の最寄の駅かもcoldsweats02」と言い出した。

顧問の先生の携帯は出ないし、友達も出かけてしまったようで電話に出ない。
と言う事は、やっぱり練習試合をする中学の最寄の駅に集合なのか?

時間が迫っているので取り敢えず夫と息子は車で出かけていった。
先生・・・電話に出てくれよdespair

夫から着信。
「集合場所に着いたんだけど、誰もいないよ・・・」

同じ部員で小学校から一緒のお子さんの家に電話して集合場所を聞いてみる。
すると、意外な答えが。
「うちの子、昨日部活を休んだんですけど、練習試合があるって連絡貰ってなくて、今日いつもどおりに9時に部活に行ったんですよ。でも誰も来なかったって言って帰って来て『もういい』と投げやりになってるんです」と。

気持が息子の集合場所どころではなくなった。

先生の携帯・・・出ない!

間もなくさっきのお母さんから折り返し電話が来て
「気になったので私も集合場所を聞いてみたら、練習試合の場所自体が違うようですよ」

なぬ(lll゚Д゚)

夫の携帯に電話をして事の次第を伝えた。
「なんだよぉ~┐(´д`)┌ヤレヤレ」
息子に確認すると
「違うよ、僕の部屋に今日の練習試合のプリントがあるから見て」

ホントだ、場所は正しい。。
しかし、息子が慌てて行った集合場所、そこだけはどうやら違うらしい。
最寄じゃない駅でよかったのだ。

先生の携帯に再び電話。
「はいsign02
(何だその出方はannoy
息子の事はもうどうでも良いので、お友達の件だけ伝えた。
その後、息子にももう一度電話をして、どうして部活を休んだ子にこんな大事な連絡をしなかったのか、と叱った。
最近の子供達はどうかしてるのか?
誰かが連絡してあげなかったらその子はどうなるのかを考える想像力すらないのか?
全くsign03
息子も含め、部員全員に対して腹が立つpout
最後にもう一度連絡をもらえなかった子の家に電話をして、息子も含め部員の子供達皆が嫌な思いをさせてしまった事を謝った。

**

大幅に予定が狂ったけれど、夫が戻ってから買い物に行き、ジーンズを2本買ってきた。
“股上:普通”
・・・これ、普通なの?というジーンズ。
私が今まで普通と思っていたジーンズはかなり深かったのかいな?
ハイライズというのもあったけれど、形が何か変なのね。。
足が長いCMにも出ている人じゃなきゃ穿けないよね。。といつか皆で話した記憶があるけれど、全くその通り。
職場には『ジーンズって裾切るの?』という憎たらしい事を言う同僚もいるが、当然の事ながら裾をカットしてもらった。

帰宅後は芝のお手入れ。
と言うのも、月曜日から庭に上のベランダの水漏れ修理の業者が入るから、草むらと化している芝を何とかしないとねsweat01

明日は雨らしいから、今日は精一杯頑張ったけれど、本当に雨降るの??

|

« 全く。 | トップページ | 『ペイ・フォワード 可能の王国』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうなんだよねsweat01
最近の子供たち…想像力が足りないと思うの。
私達位に年季が入ると妄想までいっちゃうけどsmile

うちの地下鉄最寄り駅は、改札口が2つあって、先輩達に会えなくて集合できなかった当時の1年生を、車で通りかかって偶然発見して…
うちの息子は熱出して休んでて、他の部員は地下鉄で練習する学校に向かっているのに、その子を乗せてその学校まで行ってしまいましたsweat01お店で道を尋ねながらshock
だってぇ~練習に行きたいって言うし、なんか可哀想だったんだもの。

帰ってから、事の成り行きを息子に話したら「○○、バカだなぁ~smile」なんて言うから、ちゃんと打ち合わせしろ~sign03とね

投稿: こまっタ | 2008年10月 5日 (日) 01:10

こまっタさん。
やっぱりそうだよね、オカシイよね。。

>私達位に年季が入ると妄想までいっちゃうけど。
確かに・・・happy02

何かね、私を含めて親が手や口を出しすぎるのかなぁとも思ってしまった。。
昔はそんなに親に言われなかったような気がするのよね。
だから自分で考えるって言う事が出来なくなっちゃってるのかなと。
それに考えなくてもいろいろと便利な世の中でしょ?
大丈夫かしら、今の子供達って・・・despair

投稿: きおっち | 2008年10月 6日 (月) 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全く。 | トップページ | 『ペイ・フォワード 可能の王国』 »