« 読書。 | トップページ | 運動会。 »

息子が帰ってきた。

野外活動へ行っていた息子が帰ってきた。

重い荷物を持って帰ってくるのは可愛そうだと思い、解散場所まで車で迎えに行ったけれど、いざ子供たちが解散したら、さっきまでいたはずの息子の姿がない。。

しょうがないので、先回りして待っていると、迷惑そうな顔をして車に乗り込んできた。

あーそうでしょうよ、そんなお年頃だもんねぇ・・・。

帰宅しても機嫌が悪い息子。
野外活動が楽しくなかったのかな・・・と心配になるほど機嫌が悪い。

何かを聞いても

「別に。」

とお決まりの返事。

それでも息子が好きな肉を焼いてあげようと台所に立っていると、ニュースを見ていた息子が言った。

「なんかさー、ボクももし怒られるような事したらさー、お母さんも包丁持って僕を追いかけてきたりしてねー。」

ま、ふざけて言った言葉だろうけれど、母はとても傷ついた。
そして、不覚にも涙がこぼれた。

「お母さんだって傷つく事あるんだからね。」と肉を包丁の背で叩きながら大泣きしてしまった。
(あら、この図は怖いかしらん)

さて、ここからが我が息子。
見せ場です。

暫くは言葉も見つからずに傍に立ち尽くしていたけれど、やがていなくなった。

・・・。 

ソファに斜めに座って頭を抱えている。
(反省しているのだけれどどうしていいか分からないの図)

それでも話をしたい気分じゃない母は放っておいた。
暫くしてソファをみると、いない。

・・・。 

リビングのテーブルの下にもぐりこんで頭を抱えている。
(どうしていいか分からないの図でも、解決策が見つかるわけでもなく、とりあえず移動してみたの図)

 

もう、怒る気がしなくなる・・・。
そこまで反省してくれれば充分です。

「お母さん、さっきはふざけてたつもりだったけど、傷つけるような事を言ってゴメンナサイ。」

反抗期真っ只中の息子だけれど、たまにカワイイ。

でもって、野外活動は楽しかったんだってさ。

|

« 読書。 | トップページ | 運動会。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書。 | トップページ | 運動会。 »